家電集 まとめサイト

家電関係の2chまとめサイトです。ニュースや面白いと思ったものも掲載しています。

    家電製品

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 雪崩式ブレーンバスター(東日本)@無断転載は禁止 2016/08/23(火) 15:29:39.91
    ■買って失敗したものBEST3

    ●単機能電子レンジ
    「オーブン機能もついていれば、お菓子も作れるし、料理の幅が広がったのにな、と思う」(SUさん・女性)
    「買ってよかったもの」でも紹介しましたが、温めるだけの単機能電子レンジの場合、日頃から料理をする人にはもの足りないことがあります。

    ●電気ポット
    「絶対要らない。鍋ですぐ沸く」(MA3さん・女性)
    「ひとり分ならガスで沸かした方が早いし、得」(MA4さん・女性)

    ●一人暮らし用の小さい冷蔵庫
    「一人暮らしだからそんなに使わないだろうと小さいタイプにしたんですが、思った以上に苦労しています。買いものだけでいっぱいいっぱいになるし、
    冷凍庫は狭いし、野菜室は小さいし」(MI2さん・女性)

    ■買って失敗したもの・その他の意見
    ●客用コップ・グラス
    「お客さん用のコーヒーカップは、あってもそれほど使わない」(Eさん・女性)

    ●三角コーナー
    「狭いのに邪魔だし、これだけでは全部の生ゴミを取ることはできず、排水溝に溜まってしまう。必要あればゴミ袋に直接入れて、
    基本的に最初から排水溝にためてしまい、それを頻繁に洗う方が清潔を保てる」(MA3さん・女性)

    http://www.excite.co.jp/News/column_g/20160823/Allabout_20160823_1.html?_p=3





    にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ


    【買って後悔した家電】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2016/12/13(火) 09:14:08.688
    シャープ?東芝?

    2: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2016/12/13(火) 09:14:37.849
    三菱が消えた今はLG

    3: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2016/12/13(火) 09:15:06.050
    パナ

    4: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2016/12/13(火) 09:15:13.768
    れぐざ

    5: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2016/12/13(火) 09:15:25.956
    パイオニア




    にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ


    【テレビ買うならメーカーどこ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 海江田三郎 ★ 2016/12/12(月) 17:56:43.54 _USER
    http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1034582.html

     東芝ライフスタイルは、冷蔵庫「VEGETA(ベジータ)」の発売に合わせて、
    ドラゴンボールのキャラクター「ベジータ」とコラボした「東芝VEGETA×べジータ 野菜レシピ大募集キャンペーン」を、2017年2月28日まで行なう。

     キャンペーンは、野菜の鮮度を保つ同社の冷蔵庫「ベジータ FWX/FWシリーズ」の発売に合わせたもの。

     野菜を使った料理の画像とレシピを、特定のハッシュタグをつけてTwitterまたはInstagramに投稿すると、
    国産野菜3カ月分やお好み焼きへらセットなどが、合計33名に当たる。

     応募は、同キャンペーンの公式アカウント「@toshiba_vegeta」をフォローした上で、野菜料理の画像とレシピを投稿する。
    その際に、希望商品によりハッシュタグ「#東芝VEGETAレシピ」または「#東芝ベジータレシピ」を付けて投稿する。

     当選は、TwitterまたはInstagramのダイレクトメッセージで通知されるという。そのほか応募要項など詳細についてはキャンペーンサイトを参照されたい



    にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
    【【家電】東芝の冷蔵庫「ベジータ」とドラゴンボールがコラボ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 海江田三郎 ★ 2016/12/11(日) 15:38:54.32 _USER
    http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/112800089/112900002/

    もうすぐ2016年も終わり。大掃除のタイミングは、家庭内にあるデジタル機器や家電の交換にも
    ピッタリだ。今回の特集では、この時期、買い替えを検討したいデジタル機器について、購入のポイントや注目製品を解説する。

     ここ1~2年ほどで、4Kテレビの普及がかなり進んでいる。GfKジャパンの調べによると、
    2016年上半期の薄型テレビ販売台数は前年比26%減の240万台となったものの、4Kテレビは同年前期比の
    約2.1倍となる約43万台に伸長。薄型テレビ全体に占める4Kテレビの構成比は数量ベースで約18%、金額ベースでは約45%に達したという。
     最新の家電製品を取材・執筆する筆者にも、友人などから「今、4Kテレビを買ってもいいのか、買いどきなのか」
    という問い合わせがたまに来る。買いどきかそうでないかという意味では、間違いなく「買い」だと断言できる。

    「アナログ停波」前後やそれ以前に買った人は買って損なし
     テレビの買い換えサイクルは一般には7~8年だが、今のテレビを5年以上使っている人にはあえて早めの買い替えをお勧めしたい。
    ズバリ、アナログ停波前後、「家電エコポイント制度」でブラウン管テレビから薄型テレビに買い替えた人だ。
    そのころにとりあえず映ればいいからと32インチ程度のテレビを買ったとしたら、この5年でのテレビの進化は著しい。

     この2、3年にテレビを買い替えた人でも、画質に不満があれば買い替えを検討する価値がある。というのも、
    アナログ停波前後に薄型テレビが爆発的に売れて「需要の先食い」をしてしまったことから、
    その後一気にテレビの価格下落が進んだ。そのため、価格がかなり安くなった大型テレビに既に買い替えたという人もいることだろう。
    しかしその大型テレビがフルハイビジョンテレビで、その画質に不満を持ち始めているというのであれば、4Kテレビに買い替えるといい。 
      



    にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ



    【【家電】4Kテレビは今が買い時といえる理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 海江田三郎 ★ 2016/12/09(金) 22:46:04.95 _USER
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161209-00000117-mai-bus_all

    国内のロボット掃除機市場の顧客獲得競争が激しさを増している。市場拡大の余地があるとして、
    国内の大手電機各社が相次いで参入しているからだ。先駆者として2004年に「ルンバ」を投入し日本市場を開拓
    してきた米アイロボットも、ライバル勢の攻勢に対抗し、日本向け商品を開発するなどしてシェアトップを死守する構えだ。【小川祐希】
     ロボット掃除機市場は2010年代に入って急成長した。調査会社GfKジャパンによると、年間販売台数は09年の4万台から、
    13年には10倍以上の47万台まで急増。14年以降は成長は踊り場に入ったが、30万台後半の安定した需要がある。
     今年11月には日立製作所子会社の日立アプライアンスが「ミニマル」(参考価格10万円前後)を発売し参入。
    本体の幅25センチ、高さ9・2センチと他社製品より小型化し、椅子の脚の間を自由に行き来するなど狭い場所が得意なのが売りだ。
     日立は03年にロボット掃除機の技術を発表したが、吸引力が不十分として製品化を見送っていた。その後市場は拡大し、
    ライバル社が製品を投入。出遅れ感も否めないが、「ロボット掃除機の普及率は4%程度と試算しており、需要は見込める」(広報)としている。

     パナソニックは昨年3月に初のロボット掃除機「ルーロ」(同10万円前後)を投入。本体の形を三角形にし、
    部屋の隅まで掃除しやすくした。12年に参入したシャープの「ココロボ」(同8万円)は、当初から人工知能(AI)
    を活用。利用者とあいさつを交わし、「きれいにして」と命じると「わかった」「はーい」と応じる会話機能が特徴。
    「日本のシェアは6割」(アイロボット)というルンバの牙城を崩そうと、各社は工夫を凝らした開発を競う。

     一方、国内電機各社の参入に危機感を募らせるのがアイロボットだ。ライバルを迎え撃とうと
    「靴を脱いで生活する日本では拭き掃除の需要が高い」として、水拭きができる「ブラーバジェット」を8月に発売し、
    品ぞろえを強化。来春までに日本の販売代理店を買収して日本法人を設立する方針で、日本の消費者の声を開発につ
    なげやすくし「シェアを維持、拡大したい」との狙いがある。 




    にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ



    【【家電】ロボット掃除機 各社参入し顧客争奪戦 個性派商品で勝負】の続きを読む

    このページのトップヘ