家電集 まとめサイト

家電関係の2chまとめサイトです。ニュースや面白いと思ったものも掲載しています。

    AV機器

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 海江田三郎 ★ 2017/03/09(木) 19:03:53.98 _USER
    http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/030906662/
    no title



    スタートアップ企業のBoCoは、“ハイレゾ級”をうたう骨伝導クリップ型イヤホン「EarsOpen」について、
    先行販売の受付を開始した(製品紹介ページ)。耳穴をふさがない骨伝導タイプのため、外部音は通常通り聞くことができるが、
    従来の一般的な骨伝導イヤホンに比べて音質が高いという特徴を持つとする。
    同社では、元ソニー オーディオ事業部の設計・開発者らが中心となり製品開発を進めている。

    今回の製品では、骨伝導製品を手掛けるメーカー、ゴールデンダンスの持つ「ダイナミック振動子」技術を採用している。
    振動子が円柱状であるため、振動方向が一定となり、磁力の放射を振動子内に取り込むことができて振動のムダを抑えられるという
    特徴があるという。今回の製品は、直径10mmの小型素子の開発と量産体制の確立により実現できたとする。
    加えてアンプ回路設計やデバイスから筐体まで含めた音響特性の最適化などにより、
    聞きやすい再生帯域4Hz~40kHzのハイレゾ級音質を実現したという。

     鼓膜ではなく骨を使うため、難聴者の聴覚補助に役立つケースもあるとして「聴覚補助用earsopen」も用意している。
    2つの無指向性ステレオMEMSマイクを採用しており、前後左右といった音の方向と距離感を表現することができるとする。
    スマートフォンとBluetoothで接続する。

     クラウドファンディングは、CCCグループのクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING by T-SITE」で、
    2017年3月7日に開始した。48時間で550万円以上の支援を集めたとする。一般販売は2017年5月中旬を予定する。
    一般販売時の販売価格は、音楽用の有線タイプ「WR-3CL-1001」が9800円、無線タイプ(ネックバンド型)「BT-3CL-1001」が2万5800円。
    聴覚補助用「HA-3CL-1001」も無線タイプになっており、価格は9万8000円としている。

    14: 名刺は切らしておりまして 2017/03/09(木) 20:43:39.56
    >>1
    自転車乗っても大丈夫?



    にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(生活)へ


    【“ハイレゾ級”骨伝導イヤホン、ソニー出身者らが開発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 海江田三郎 ★ 2017/02/12(日) 20:19:27.20 _USER
    http://ascii.jp/elem/000/001/431/1431822/
    no title

    no title

    ambie株式会社は2月9日、耳をふさがずに音楽を楽しめる新感覚のイヤフォン「ambie sound earcuffs」(アンビー・サウンド・イヤカフ)を発売した。

    ひとりだけの世界から、リスナーを解放するイヤフォン 
    従来のイヤフォンは耳の穴に入れて使うが、アクセサリのイヤカフのように耳の縁に装着して使う。音楽を聴いている最中でも、周囲の音が聞こえるので、音楽を聴きながら会話したり、電話やアラームなど周囲の物音にも反応できる。
    音楽を聴きながらデスクワークに集中していたら、内線がなっているのに気づかなかったといった失敗を防げる製品だ。

    本体は約5gと軽量。耳を密閉しないためケーブルのタッチノイズなども感じにくい。ソニーの音響技術を活かした
    高感度ドライバーユニットを使用している。ambieは、ベンチャーキャピタルのWiLとソニービデオ&サウンドプロダクツが共同出資して1月11日に作った会社だ。

    価格は5940円。5色のカラバリが用意されている。販売はambieの自社ウェブサイトのほか、ロンハーマン、蔦屋家電、la kagu、チャーリーバイスなど、コンセプト家電を扱っている店舗が中心となる。

    2月9日に都内で開催された発表会もなかなか独創的なものだった。

     開会後、しばらくして記者に本体が配布され、スマホに接続して聴いてくださいと試聴タイムに。
    普通だと「シーン」と静まり返った室内で、5分ぐらい難しい顔をした記者が音を聴き始めるのだが、ambieは音楽を聴きながらでも、説明を聞くことが可能。
     というわけで音楽を聴きながら、リラックスしながら聞いてくださいと発表会が進んでいく。こういう趣向はなかなか斬新だ。

    装着方法は独特だ。音を聴くと、左右から後方に広がるような独特の開放感、音場感がある。耳の穴に入れないため、音がぼやけるのではないかという心配もあるのだが、思った以上に情報量が多くしっかりとした音が鳴る。

     気になるのは音漏れだが、まったくないとは言えないが、先端のノズルを耳の穴のほうにきちんと向けると、周囲の人には、鳴っているとはほとんど感じない程度だ。満員電車での利用はともかく、オフィスの自席程度であれば差支えないのではないのでは。

    12: 名刺は切らしておりまして 2017/02/12(日) 20:33:07.30
    >>1
    このタイプなら自転車乗ってるときに使っても捕まらなそう。

    63: 名刺は切らしておりまして 2017/02/12(日) 22:22:01.78
    >>12
    自転車に良さげだけどチャリ⇔電車と乗り換える度に駅でいちいちイヤホン付け替えんといかんのか

    84: 名刺は切らしておりまして 2017/02/13(月) 10:57:12.65
    >>63
    大した問題ではないな。
    普通のヘッドホンはもはや自転車では使うことすら出来ないのだから。

    20: 名刺は切らしておりまして 2017/02/12(日) 20:41:43.08
    >>1
    耳の裏側に当たる部分が結構分厚く見える
    装着感が重そう

    75: 名刺は切らしておりまして 2017/02/13(月) 02:56:25.86
    >>1
    ソニーが自分だけしか聞こえないネックフォン開発中じゃなかったっけ?
    そもそも耳にすらかけない



    にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(生活)へ


    【【衝撃】耳をふさがずに音楽を楽しめる画期的なイヤフォンが誕生】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 海江田三郎 ★ 2017/02/10(金) 22:07:58.79 _USER
    http://www.phileweb.com/news/d-av/201702/10/40526.html

    オンキヨー(株)は、2017年3月期第3四半期(2016年4月1日~2016年12月31日)の連結業績を発表。
    第3四半期としては2004年12月JASDAQ上場以来最高となる5億3,100万円の営業利益を計上し、第3四半期連結累計期間で営業黒字転換を実現。全セグメントにおいて第3四半期黒字を達成し、業績は確実な回復路線へ入ったとしている。

    第3四半期連結累計期間の業績は、売上高が前年同期比59億4,800万円減収の412億4,900万円。一方、営業損益は、AV事業におけるパイオニアグループのホームAV事業との統合によるシナジー効果の実現や、円高ドル安による製品原価の低減、またデジタルライフ事業の伸長などにより、前年同期比29億5,000万円増益の5億3,100万円の営業利益となった。

    経常損益は為替差損の発生などにより前年同期比20億9,000万円増益の7億4,500万円の経常損失。
    また、親会社株主に帰属する四半期純損失については前年同期比18億4,900万円増益の9億4,900万円となった。
    同社では、AV事業において不採算製品の販売見直しや円高による海外売上高の目減りはあったものの、パイオニアグループのホームAV事業との統合によるさまざまなシナジー効果を実現することができたと本第3四半期の状況を説明。
    また、今後の重点セグメントと位置付けているデジタルライフ事業において、ヘッドホンやポータブルデジタルオーディオプレーヤー(DAP)などの販売がさらに伸長したという。

    (続きはサイトで)

    6: 名刺は切らしておりまして 2017/02/10(金) 22:11:14.99
    キャノンじゃなくてキヤノンな



    にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(生活)へ


    【【業績】オンキヨー、上場以来最高の営業利益。パイオニアAV事業とのシナジー効果やヘッドホンなど好調】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2017/01/28(土) 23:26:55.29
    初めて買おうと思ってるんやけど音質はええんか?
    そんなに金ないからAシリーズ買いたいんやが

    48: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2017/01/28(土) 23:38:44.39
    >>1
    とりあえず買うならAシリーズはやめとけ
    NW-ZX100以上で

    50: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2017/01/28(土) 23:39:39.56
    >>48
    わいはA16からPHA-1だけどどう?

    55: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2017/01/28(土) 23:41:17.59
    >>48
    7万か…
    音楽のために使うならオーディオシステム買ったほうが満足すると思ってしまう…

    70: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2017/01/28(土) 23:43:41.82
    >>48
    そこまで求めてないやろ



    にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(生活)へ


    【ウォークマン持ってる奴おる?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 海江田三郎 ★ 2017/01/25(水) 10:06:04.92 _USER
    なぜパイオニアがUSB型の音質向上製品を開発?

    ――Bonnes NotesシリーズのDRESSINGという製品、プレスリリースを見ると3機種が発表されていますが、まずはこれが開発された背景を教えてください。
    野尻(以下敬称略):音楽メディアもCDからダウンロードして再生するという時代に変化してきています。SACDプレーヤーを持っているような方でも、再生にはPCを使うというケースが増えてきていると思います。オーディオ機器ではなく、IT機器で音楽を楽しむという現象は一過性のものではなく、今後これが定着し、ますます一般化していくと考えています。オーディオメーカーがもっと強く、ITのノウハウを十分備えていれば、それに対応した機材が多く存在していたかもしれませんが、残念ながらそうはなっていません。一方でIT機器メーカーは音質への対応は不十分であり、結果として、いい音で音楽を楽しむというのが難しくなってきているというのが現状です。そうした状況に何か手を打てないだろうか、と考えていたのです。

    ――実際いつごろから製品化を考えていたのですか?
    野尻:「こうした状況は問題あるよね」と話をしていたのは5年以上前ですね。実際、社内では、みんな個人のPC環境にさまざまな工夫を凝らして音への対策をしていました。もちろん、趣味の範疇での話ではありますが。PCの中にはオーディオを意識した製品というのもいくつかはありましたが、専用のオーディオアンプの世界から見ると、まだまだだと思ってはいました。もう一段上げられるはずだ、と。私自身はもともとA-717(1987年発売されたプリメインアンプ)などのアンプの開発などに携わってきたので、そこで培ってきたノウハウが活用できると思っていたのです。ただ、パソコンそのものを改良するというのでは、商品化しにくいため、手軽に実現するための手段としてUSB端子を活用できるだろう、と。

    星野:USBを利用すれば、パソコンへ対応できるだけでなく、USB端子を持ったテレビなども増えてきているからそうしたものにも使えるし、スマートフォンへ対応させることも可能なため、活用範囲も広くなるのも製品化へ向けてのポイントではありました。
    1、2年前から商品化への道筋は見えていたのですが、社内でなかなか企画が通らなかったんですよ。

    ――社内で企画が通らないとは、どういう意味ですか?
    野尻:「これで音が変わるわけがないだろう」と(笑)。やはりデジタル専門でやってきた人たちだと、音を聴かずにダメ出ししてくるわけです。
    その人たちを納得させるのに時間がかかってしまいました。でも、最終的にはみんな納得いくところまで持っていくことができ、製品化を実現することができたのです。やや極端なまでに音を変える設定のものを用意して、分かってもらったわけなんですよ。
    そうした経緯もあって、製品としては4つのラインナップを用意しました。

    ――プレスリリースでは3製品となっていましたが…?
    野尻:そうですね。パイオニアから発売されるのは3製品です。具体的にはオーディオファンをターゲットとしたAPS-DR001(6,000円)というUSB端子に挿すだけで使えるタイプ、ハイエンドファンを対象としたAPS-DR002(2万円)、さらに上の超ハイエンドファンを対象にしたAPS-DR003(10万円)のそれぞれ。このうちAPS-DR002とAPS-D003はUSB端子の出力口を設けており、ケーブルが挿せるタイプになっています。


    試聴してみた
    (中略)

    が、こちらも正直なところ、違いが分からなかったのは残念だった。ただ、多くの人たちが絶賛しているのだから、環境によってはもっと大きな変化をもたらすケースがあるはずだと思うが、効果があるかどうかは、PC環境やオーディオ環境、また聴く音楽や聴く人のリスニング能力によって違いはありそうだ。

    (続きはサイトで)

    http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dal/1040282.html
    no title

    no title

    音楽之友社によるムックの「オーディオ音質改善の極意」(価格2,700円)の付録にも簡易版が採用された



    にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(生活)へ


    【【嘘だろ…】USB端子に挿すだけで高音質に?パイオニア「DRESSING」の仕組みを聞いた】の続きを読む

    このページのトップヘ